RosePerfume

香水の香りを上品に楽しむための心得

香水は人工的に香りを添加したアルコール液で、衣服に吹き付けたり体に直接付着させることで香りを楽しむために用いる化粧品の一種です。製造技術の発達により様々な香りを再現することが出来る他、大量生産によって安価で購入できるようになっています。誰でも手軽に使用できる一方で、使い方を誤ると強い刺激が生じたり悪臭になってしまうことがあるので注意が必要です。特に複数の種類の香水を一度に使用するとそれぞれの香りが混ざり合うので細心の注意を払う必要があります。また、汗や垢などで不潔になっている状態で香水を使用するのも悪臭に変化してしまう原因なので、汚れを落として清潔な状態で使うように心がけます。香りを上品に楽しむためには使いすぎないように気を配り、適量の使用に留めることが最も大切です。取扱いについてはアルコールが気化しないように密閉して、日光が当たらず温度が安定している所に置きます。同じ香りでも製造メーカーによって含有成分が違うので、複数の製品を混ぜると変質してしまうことがあるので注意が必要です。また、開封してから年月が経過した古い製品も劣化しているので同じメーカーの製品であっても混ぜないことが品質を下げないための心得です。

香水を正しく使って女子力アップ

香水を愛用している女性は多いでしょう。芸能人やハリウッドスター、スポーツ選手に憧れて同じ種類のものを使っているという人も多いようです。香水は元々体臭隠しのために西洋で利用されてきたものです。日本でも同じような用途としてお香が用いられてきました。今ではそうではなくファッションの一つとして利用されているわけですが、使い方を間違えると周囲に迷惑となるケースも多いといいます。香りは目に見えません。そのためどれくらい使用すればいいのかわかりません。それに毎日使っていると香りに慣れてしまって足らないのではとどんどん使用量が増えて行くケースがあるのです。ほんのり香るのではなく異様なほど香って周囲に迷惑となっても本人は全く気付いていないのは慣れが原因だったのです。パルファンというのが香水の中でも最も香りが強いものですが、これは下半身、特に足首やふとももの裏などに2、3滴つける程度でほんのりと香るファッションとして楽しめるのです。パルファンなど香りが強いものの場合、つけてから時間が経つにつれてその香りも徐々に変化します。この香りの変化も楽しみの一つなのです。香りの強いものを付ける場合は、くれぐれもつけ過ぎには要注意です。


Valuable information


ECサイト構築について手掛けています


ECサイト構築を紹介しているサイトです





2020/4/2 更新

『香水』 最新ツイート

@riz3021

(2) 数日前に自殺した内縁の夫・弘之のそれまでの人生と自殺の謎を追うストーリーだ。自殺時の弘之の年齢は30歳。香水の会社の研究員で匂いに関しては特異な才能を発揮していた。死に際し現れた実弟の彰に、涼子は戸惑いながらも涼子と出会う前までの弘之の人生を教えてもらう。(続)

12秒前 - 2020年04月07日


@rs_pferd

香水などの装備がつけられる分女性ユニットにアドバンテージを感じる。吟遊詩人あんまり使えないかもだし。

19秒前 - 2020年04月07日


@moramo_ramo

ニッチから香水に入門したため、ニッチしか知らないのも逆に変な話だ、と思い、誰にも何も言われてないけどファッションフレグランスも勉強しなくては、と謎の使命感にとらわれている 💸💸💸

36秒前 - 2020年04月07日


トップへ